Skip to content

ホットヨガで心身共にリフレッシュ

人間の体は寒いと硬くなり、暑いと柔らかくなります。

人体が最も柔らかくなる気温は39度と言われており、室温を39度、湿度を60%以上に設定した部屋の中で行うヨガを、ホットヨガといいます。対して常温で行われるヨガを、パワーヨガと言います。人体が柔らな状態であるため、通常のヨガに比べてケガや事故が少なく、高温、高湿度で行われるので代謝も上がりやすい傾向にあります。ホットヨガの効能として、まずその高温の部屋から得られる恩恵が多くあります。

柔らかくなった人体に負荷をかける事で動きがスムーズになり、血行を促進し、大量の汗によって老廃物の排出も促進します。続ける事で、慢性的な冷え性、むくみなどを改善する他、太りにくい体質を作りあげ、肌を正常な状態に保ちます。肩こりや骨盤矯正にも効果があるため、出産後に活用する人も存在します。緩慢な動作なので、年配の人でも指導を受けながら行えば心臓への負担も少なくすみます。

また、終わった後の爽快感や心身の軽さも多くの経験者が実感しているので、ストレス発散の方法としても、注目されています。ダイエットに利用する人も増えていますが、即効性はありません。継続的にヨガを行い、体質改善を行う事で、痩せやすい体を作ることは可能です。多くの効果を得られるホットヨガですが、高温多湿の室内行われる運動のため、のぼせ易い人、暑さに弱い人には不向きです。まずは体験教室などを利用して、継続できるか見極めましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *